風俗を始めようと思ったら確認しておきたいこと

言葉使いに注意する

話している時に否定的な言葉を投げかけられるとあまり良い気分ではないですよね。
これが、風俗というプライベートな空間であれば居心地が悪いと思われてしまいます。
始終盛り上げ続ける必要はないでしょうが、でも、といった相手の言葉を遮るような否定的な言葉は普段のコミュニケーションの場でもあまり使わない方が良い会話が続くといえます。

どうしてもそのような言葉を使いたいシチュエーションになってしまった際は、上手に言葉を言い換えるとその場の空気を濁すこともありません。
その場限り、上手に言葉を操ることは困難です。
可能であれば、普段の言葉使いにも目を向けて、自然と肯定的な言葉使いや自然と会話の流れを作るような練習をしていくとよいでしょう。

相手の視点に立つということ

どんな人でも自分の立場を理解してくれ、肯定してくれる人には悪い気はしないのではないでしょうか。
会話を繋げなくては、と焦るあまり会話に心がこもっていなくては何の意味もありません。
しっかりと相手の言葉に耳を傾け理解してからゆっくり話す事で、お客様は自分に興味を持ち親身になってくれていると感じてくださると思います。

行為そのものはもちろん大切ですし重要ではありますが、そこに焦点を当ててばかりいると全体の接客そのものが雑で単調なものになってしまう可能性があります。
全体を通して、良い接客だったと思っていただけるよう、会話の隅々まで心配りをすることが大切です。
そんな細かいところまで気を付けていく事で、次に繋げていくことが出来るのではないでしょうか。